ポルシェが旧車の補修部品を3Dプリンターで製造! 金属パーツにも対応!!

一品物を製作するのに3Dプリンターが役に立つという話は知られていますが、ポルシェが旧車向けの補修部品について、3Dプリンターを利用していることが発表されました。

たとえば、累計292台しか生産されていない貴重なスーパースポーツモデル「ポルシェ959」のパーツは当然ながら需要は少ないのですが、消耗品など供給が必要なパーツは存在します。そうした部品の製作において3Dプリンターが役に立つというのです。たとえば、鋳鉄製クラッチレリーズレバーは少量生産がむずかしい部品ですが、金属粉末をレーザーで溶融させる3Dプリンターであれば、一品物として作ることが可能です。

また、樹脂パーツにおいても3Dプリンターは有効です。

心配なのは強度や剛性ですが、そうした点について、確認が取れた8つの部品がすでに補修部品として用意されているといいます。さらに20を超えるパーツについて確認作業中、ポルシェが在庫している補修部品は5万点を超えるということですから、ごくごく一部ではありますが、サードパーティでは生産がむずかしい補修部品を、こうしてメーカーが品質を確認してリリースしてくれるというのは旧車ファンにとってもありがたい話。さすがポルシェ! といえそうです。

(山本晋也)

 

 

『ポルシェ』の最新記事

ニュルブルクリンク24時間レースの現場で発見。ポルシェは伝統のカラーリングとフォーミュラEを展示!
ライバル対決「Porsche Macan GTS ☓ JAGUAR F-PACE S」「Porsche Macan ☓ LEXUS RX450h F SPORT」打倒ポルシェは叶うのか?
【Porsche Macan試乗】700万円を切る「素のマカン」でもポルシェ・クオリティなのか?
【Porsche Macan GTS試乗】マカン・ターボ所有の田中哲也が「マカンGTSを選べばよかった」と思った訳は?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事