【日産・スカイライン公道試乗】世界で戦うスポーツセダンは、マイナーチェンジでさらに魅力あふれるデザインに変貌

現行の日産スカイラインは13代目のV37型。日産が海外で展開する高級車ブランド、インフィニティのQ50としても販売されている車で、2014年に誕生したモデルです。このV37スカイライン、デビューから3年目の2017年12月20日にマイナーチェンジをしていました。

今回、マイナーチェンジ後の200GTt Type Pを借りることができましたので、レビューをしていきます。

<フロントデザイン>

今回のマイナーチェンジでフロントバンパーの造形が変更され、さらに鋭い表情へと刷新されました。ヘッドライトの意匠は変更ありませんが、ヘッドランプ下のエアインテーク部分が大変更、マイナーチェンジ前は、下に下がるにつれ、内側に切り込んでいた形状に対して、マイチェン後では外側へ広がる形状になりました。

さらに、フロントバンパー下側に別パーツでつけたリップスポイラーの様な堀の深い造形が与えられており、より低く構えているように見えます。特徴的なインフィニティのエンブレムが埋まっている独特のグリルの末広がりの延長に、バンパーのラインがつながっているように見え、プレミアム仕様のType Pではありますが、スポーツセダンの様相を、強く感じさせてくれます。

バンパー内の大きな変更点は、フロントのフォグランプ周りです。メッキパーツにより、ラインを強調し、その上部にはまるフォグランプとデイランプを車両外側へと配置、フロントの押し出し感を一層高めています。このメッキパーツが良いアクセントとなっており、マイナーチェンジ前のType Pに比べて、豪華な印象を受けます。

フロントのグリル形状は、インフィニティブランドの特徴です。インフィニティとは日産が海外で展開をしている高級車チャンネルであり、日本で販売されているフーガはQ70、スカイラインクロスオーバーはQX50など、名前を変えて展開をしているクルマたちと、共通の意匠となっています。

中央に配置したインフィニティのエンブレムを中心にして、周囲をブラックアウトしたグリルで囲い、その周囲をメッキラインで固めた、非常に押し出し感の強いデザインとなっています。北米市場でのライバルであるレクサスのスピンドルグリルも、末広がりの形状を採用していますが、レクサス程には大げさな造形ではないところは、日産の控え目な性格の表れでしょうか。

フロントの面積に対してのグリルやインテークのバランスとしては、このくらいが秀逸と考えられます。

<リアデザイン>

今回のマイナーチェンジで最も大きな変更点の一つがリアのテールランプです。V37スカイラインは、丸目4灯ではなく、L字のランプで表したデザインをしていました。その形状について、一部ではブルーバードシルフィの様だとも揶揄されておりましたが、今回は現行のフーガの様な造形、つまりインフィニティを意識した造形へと変更となり、より精粋なイメージへと変更となりました。

よく似ているといわれてきたフーガとスカイライン、インフィニティではQ50、Q70とそれぞれ名付けられている通り、デザインエッセンスを共通化させて、一つのブランドとして体現しています。ボディの全長や横幅といったサイズが異なるだけで、他のデザインは踏襲する戦略は、メルセデスベンツやBMW、アウディ、レクサスも取り入れている手法であり、世界で戦う上では、ブランド価値を高めることが出来る方法です。

ただ、これでスカイラインとフーガの異なるところを探すのが、ますます大変になりましたが。

さらに、リアバンパー上にあったイルミネーションランプが廃止され、シンプルでよりシャープな印象になりました。またリアバンパーのマフラー上側のデザインも変更、ラインが車両外側に広がり、リア周りの印象がぐっと締まりました。よりワイドに、そしてどっしりとしたリアのデザインは後ろを走る車にも、威圧感を与えることでしょう。

<インテリアデザイン>

今回変更になったのが、ステアリングホイールの造形です。マイナーチェンジ前後で3スポークステアリングホイールには変わりありませんが、中央部が台形の形状から、六角形へと変更となり、周囲をアルミメッキの枠組みで覆われた形状となりました。中央から下方向のアームが、本革からアルミメッキ仕様へと変更になり、より豪華な印象をえました。

ちなみにこのデザイン、他の日産車にも採用されているトレンドのデザインなのです。例えば昨年登場したプロパイロットを積んだ新型セレナにも、同様のデザインコンセプトに基づき、アルミメッキの華燭が施されたステアリングが装着されております。この点は、スカイラインというスポーツセダン、しかもインフィニティブランドとしてのデザインと考えると、ミニバンと同様のデザインとは若干、物足りなく感じるものがあります。

また、ステアリング上にあるスイッチのレイアウトも変更になりました。マイナーチェンジ前後での使用感はさほど変わりませんが、アルミ調メッキの華燭が入った分、マイナーチェンジ後の方が、より豪華に見えます。ステアリングのグリップ部分は、体感できるほどの形状変更はありませんが、もともと手になじむ形状および本革表皮のため、程よい握りの良さを実現できています。

さらにシフトノブも変更となり、こちらもアルミメッキ調の華燭と、中央にインフィニティのエンブレムが入りました。とても細かな変更ですが、毎度手に触れるシフトノブだけに、ポイントをおさえた豪華な印象を与えてくれます。

インストルメンタルパネルのデザインは基本的にはマイナーチェンジ前後での変化はありませんが、部分的に表皮の変更がなされており、ダブルステッチのラインが入りました。これまでの軟質プラスチックでできたものからの変更で、見た目のクオリティは飛躍的に上がっています。スカイラインのようなエントリ高級クラスのトレンドともなっている内装の表皮とステッチラインの組み合わせですので、ようやく追いついたというところでしょうか。

インパネで最も目立つのが、中央に鎮座した大型ダブルディスプレイの液晶画面です。上部のディスプレイは主にナビゲーションを担当し、下側のディスプレイは各種のコントロールスイッチとなっています。このモニターの視認性は高いのですが、昼間の運転の際に光が映り込んでしまい、見づらいシーンがありました。

また映り込み以外にも気になる点があり、従来(前型V36スカイライン)では、何となくの感覚で操作できた各種調整が、メーターを凝視しないとできないことも多く、多少不便に感じることがありました。スマホのアプリのように操作できる機能を表示させていますが、やりたい操作が表示されるまでの階層が3階層、4階層と深く、直感的に操るのには、それなりの時間と慣れが必要です。

筆者は、ALC(アダプティブ・レーン・コントロール)をオンにするため、このアプリ内部を探し回ってしまいました。あとで開発の方に聞きましたが、ステアリングホイールのスイッチの中に、ショートカットキーがあったそうです。

<まとめ>

以上、V37スカイラインのマイナーチェンジの視覚上の変更点を紹介しました。もともとスタイリッシュなボディデザインを持っていたスカイラインですが、マイチェン前と比べ、よりアグレッシブに、よりインフィニティデザインを代表するようなテイストをまといました。

スポーツセダンとして、よりカッコよくオシャレになったその外観には、釘付けになる人も多いのではないでしょうか。

(吉川賢一)

『日産』の最新記事

【日産・スカイライン公道試乗】ベンツ製エンジンを積んだ200GTt Type Pのハンドリング、乗り心地、騒音性能をチェック

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事