【北京モーターショー2018】レクサスが新型「ES」をワールドプレミア

トヨタ自動車が4月18日、北京モーターショー2018で新型レクサス「ES」をワールドプレミアすると発表しました。

「ES」は1989年にフラッグシップセダン「LS」と共に、誕生以来数多くの国・地域において上質な乗り心地や静粛性、広い室内空間で好評を博して来ました。日本では、レクサスが上陸する以前の90年代から00年代中盤にかけて「トヨタ・ウィンダム」として販売されていたこともあります。

新型は新世代レクサスとしてデザインや走りを大きく変革、「ES」の原点と言える「上質な快適性」をさらに進化させているそうです。

北京モーターショーは、4月25日(水)・26日(木)が プレスデー、27日(金)~28日(土)が特別招待日、29日(日)~5月4日(金) が 一般公開日となっており、4月25日(水)にレクサスのプレスカンファレンスが予定されています。

Avanti Yasunori・画像:Lexus)

【関連リンク】

Lexus ES
http://www.lexus.com.cn/models/es

北京モーターショー2018
http://www.autochinashow.org/autochina/index.html

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事