410psを発生する直6エンジン搭載した「BMW M2 コンペティション」が公開【北京モーターショー2018】

BMWが4月25日に開幕した北京モーターショー2018において、Mシリーズのコンパクトクーペ「M2」の性能をさらに向上させた「M2コンペティション」を公開しました。

ポルシェ・ケイマンGTSやアウディTT RSに対抗すべく搭載された直噴3.0L直6ツインターボエンジンは、最高出力:410ps/5,250‐7,000rpm・最大トルク:56.1kgm/2,350-5,200rpmを発生。6速M/T、もしくは7速DCT(OPT)を介して路面に強大なパワーが伝えられ、0-100km/h加速:4.2秒(7速DCT)、最高速度:280km/h(OPT)を誇ります。

エンジン性能の向上に合わせてシャシーにも手が加えられており、車体剛性やステアリング精度を向上。ディファレンシャルについても、DSCシステムによる電子制御介入のタイミングを見直すことで、よりドリフト態勢に持込みやすくなっているそうです。

一方、インテリアに目を移すと、新デザインのデジタルメーターやM2のロゴが光るM Sportシートなどがスポーツマインドを刺激します。

イギリスでは今年8月から納車が開始されるそうで、車両価格は6速M/Tモデルが756万円、7速DCTモデルが796万円からとなっており、「M2コンペティション」の日本導入が待たれます。

Avanti Yasunori・画像:BMW)

【関連記事】

BMWがピュアEV「iX3」のコンセプトモデルを公開。2020年発売予定
https://clicccar.com/2018/04/26/583653/

BMWのEVクーペ「i4」、第5世代「eDrive」テクノロジー投入で最大航続距離が700kmに
https://clicccar.com/2018/04/02/574472/

【関連リンク】

北京モーターショー2018
http://www.autochinashow.org/autochina/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事