EV時代のポルシェ・911? 「Mission E」の先行受注がスタート。 システム出力600ps、15分の充電で400km走行

ポルシェが同社初のEV「Mission E」の先行受注をノルウェーで開始しました。

システム出力は600ps、 0 –100km/h 加速が 3.5秒(0 –200km/h 12秒)の俊足で、満充電時の航続距離は500kmを超えるそうです。モーターを車両前後に搭載しており、2基のモーターで前後アクスルを駆動。ブレーキング時には効率的に運動エネルギーを回生します。

充電用のコネクトプラグがフロントフェンダー部に配置されており、800Vによる高速充電の場合、15分程度で400kmの走行が可能。ポルシェではこの高速充電を 「ターボチャージング」 と呼んでいます。

また、床に埋め込まれたコイルの上に車輌を駐車するだけで、ケーブル接続を行うことなくアンダーフロアにマウントされたリチウムイオンバッテリーを充電できる「インダクティブ充電」にも対応。

昨年にはメルセデス・ベンツやアウディ、ジャガーなども新型EVの先行受注をノルウェーで開始しているそうで、EV時代の「911」を予感させるポルシェ「Mission E」の予約金は約28万円となっています。

Avanti Yasunori・画像:PORSCHE)

【関連記事】

フォーミュラEがEV開発の「走る実験室」に? ポルシェなど各社が参戦を発表
https://clicccar.com/2018/04/17/579917/

BMWが「フォーミュラE」参戦!蓄積した技術をBMW「i」モデル開発に投入
https://clicccar.com/2018/04/16/579538/

アウディが「e-tron ビジョン GT」を製作、世界各地のサーキットでデモ走行を披露
https://clicccar.com/2018/04/15/579220/

パワートレインの詳細入手!これがポルシェ「ミッションE」市販モデルだ
https://clicccar.com/2018/04/07/576299/

ドライバーの「視線」でディスプレイを自動切替するポルシェのクロスオーバーEV
https://clicccar.com/2018/03/15/568337/

【関連リンク】

ポルシェ ミッションE
https://www.porsche.com/microsite/mission-e/international.aspx

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事