【新車】レクサスGS Fがマイナーチェンジ。安全運転支援機能を強化し、新色「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」を採用

レクサスGSをベースとしたスポーツセダンであるGS F。「F」はレクサスのスポーティ仕様に冠される車名で、富士スピードウェイに由来します。

そのレクサスGS Fが一部改良を受け、5月10日に発売を開始しました。GS Fは「日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめる」という「F」の哲学を追求し、2015年にデビューを果たした4ドアスポーツセダン。

GSをベースに、NAエンジンならではのリニア感とレスポンスの良さを楽しめるV8エンジンやトランスミッションの8-Speed SPDS、優れたボディ剛性、コーナリング時に理想的な車両挙動を実現する駆動力制御システムTVD(Torque Vectoring Differential)などにより、セダンでありながらサーキット走行を楽しめるFモデルの高性能セダンとして、レクサスのスポーツイメージを牽引。

今回の一部改良では、走行中に見えにくい併走車の存在を知らせるブラインドスポットモニター(BSM)を標準設定し、安全運転支援が強化されています。また、新設定のボディカラーである「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」は、レクサス独自の塗装技術により、高い発色を実現するとともにボディの抑揚を際立たせているそうです。GS Fの価格は、11,185,000円です。

(塚田勝弘)