【新車】BMW M4 カブリオレ コンペティションと限定車・M4カブリオレ30 Jahreが日本上陸

2018年5月24日、「BMW M4カブリオレ コンペティション」の受注が開始されました。納車は今秋以降としています。450ps/550Nmを誇る3.0L 直列6気筒エンジンを搭載し、スムーズかつダイレクト感を存分に味わえる7速M DCTが組み合わされています。

ほかにも「アクティブMディファレンシャル」を装備。車速やアクセル開度、ホイールの回転速度、ヨーレートなどの情報をセンサーが常時検知し、電子制御式多板クラッチが路面とのトラクションを最適化。リヤの左右ホイール間のトルク配分をも調整することで、タイヤの空転を抑制。ハイパワーモデルであっても容易に最大限の加速、旋回性能を引き出すことが可能になります。

ほかにも電制ダンパーである「アクティブMサスペンションシステム」、カーボンセラミックブレーキをオプションで用意。「BMW M4カブリオレ コンペティション」の価格は、1380万円です。

さらに、BMW M4カブリオレの欧州における初代発売30周年(当時のモデル名はBMW M3 カブリオレ)を記念した世界300台限定車「BMW M4カブリオレ30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」が日本にも10台導入されます。

同限定車は、歴代の印象的なモデルを想起させる2種類の特別なボディカラーに、専用のインテリアカラーとのコンビネーションを用意。

存在感のある鮮やかなイエローの「マンダリンⅡ」には、専用のイエローステッチが施されたブラックのメリノレザーインテリアを採用。

初代BMW M3より特別なモデルに採用されてきたという深いブルーの「マカオブルーメタリック」には、ブラックとシルバーストーンの専用バイカラー仕上げのメリノレザーインテリアが用意されます。さらに、軽量構造の20インチ鍛造「Mライト・アロイ・ホイール」には、専用のオービットグレー塗装が施されています。

ほかにも、シートのヘッドレストやカーボンファイバー製インテリアトリム、ドアシルプレートには、限定仕様であることを示す「Edition 30 JAHRE」のレタリングが施され、スポーティムードが強調されています。「BMW M4カブリオレ30 Jahre」の価格は、1483万円です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【新車】BMW M2クーペに、100台限定の「Edition Black Shadow」が登場。漆黒にきらめく存在感が魅力。
https://clicccar.com/2018/05/28/593558/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事