【新車】ポルシェ・ミッションEが日本にも上陸。ポルシェ初のピュアEVが2020年に日本でも発売

ポルシェ初のピュアEV(バッテリーEV)である「ミッションE」を、2020年にも日本で発売するとのアナウンスがありました。ミッションEは、2015年のフランクフルトモーターショーで初めて発表された、ポルシェ初の純電気駆動システムによるピュアEV。

4ドア、4人乗りの同EVは、440kW(600PS)のシステム出力により、静止状態から100km/hまで3.5秒未満での加速を実現。500km以上(NEDC準拠)という航続可能距離による実用性を兼ね備えたスポーツEVでもあります。

ライバルは、やはりスポーツEVで先行するテスラになりそうですが、量産車のモデル3の生産が遅れるなど苦戦も報じられているテスラと、2020年にポルシェがどう競っていくのかも注目の的になりそう。

ポルシェは、全世界で2025年までにラインナップの半数を電動化するという目標に掲げ、その大きな目玉となるのがポルシェ初の電気自動車ミッションEということになります。

ミッションEは、2015年からル・マンを3年連続で制した919ハイブリッドや918スパイダーの知見を受け継いだEVのコンセプトモデルとして公開され、2018年のジュネーブモーターショーでは、CUVタイプの派生版であるミッションEクロスツーリスモも公開されています。

電気自動車の歴史は古く、ポルシェも例に漏れません。1900年のパリ万博で発表された世界初の走行可能なフルハイブリッドカー「ローナーポルシェ」をはじめ、918スパイダー、カイエンS Eハイブリッド、パナメーラS Eハイブリッド、そしてル・マン3連覇を果たした919ハイブリッドなど、ポルシェはこれまでも積極的に電動化モデルを実現。

現在のポルシェでは、パナメーラ 4モデルと、欧州で発売が開始されているカイエンの1モデルを含めると、すでに5モデルのEV車を市場に導入しています。

ミッションEの価格はもちろんまだ明らかにされていませんが、高性能EVモデルとしての注目度はEVの中でも抜群に高くなりそうです。

(塚田勝弘)