【新車】メルセデス・ベンツ Eクラスがマイナーチェンジ。3.5Lエンジンは3.0Lにダウンサイジングも、パワー・トルクともに向上

プレミアムブランドであるメルセデス・ベンツにおいて、中核モデルのひとつといえるのがEクラス。8月22日、Eクラスのセダン、ワゴン、クーペ、カブリオレが一部改良を受けました。最大のトピックスは「E 450 4MATIC」の導入。

これは、従来の「E 400 4MATIC」に搭載されていたV6 3.5LのM276エンジンを3.0Lにダウンサイジング。それでいながら、最高出力は34PS(+25kW)、最大トルクも20Nm向上されていて、最高出力367PS(270kW)、 最大トルク500Nmに引き上げられたことで、車名も「E 450 4 MATIC」に格上げされています。

さらに、ステアリングも最新世代に世代交代がされています。デザインの変更に加えて、ステアリンクグから手を放さずにナビの操作や車両の設定などが可能な「タッチコントロールボタン」や「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」を操作するスイッチが用意され、操作性も向上。

シートもアップグレードされていて、「E 200 アバンギャルド」「E 200 4MATIC アバンギャルド」「E 220 d アバンギャルド」「E 250 アバンギャルド スポーツ」「E 350 e アバンギャルド スポーツ」の各モデルに、従来オプションだった本革シートが標準装備されています。これによりEクラス全車に本革シートが標準化され、インテリアのクオリティアップを実現。

外観は変わっていません。ただし「E 450 4MATIC エクスクルーシブ」には、空力を考慮した新しい「18インチ5スポークアルミホイール」が採用されています。

また、クーペ、カブリオレに、新型「CLS」から採用されている「イルミネーテッドエアアウトレット(前席)」を採用。

これは、スポーティな雰囲気を醸し出す、タービンエンジンをイメージしたフォルムという送風口。シルバーシャドー仕上げに加えて、64 色から選択可能なイルミネーションが送風口の内側に仕込まれていますエアコンの温度を上げると、アンビエントライトが赤く、温度を下げる操作を行った場合には、青く光るなど、直感的な操作が可能になっています。

価格帯は、セダンが701万円〜1805万円、ワゴンが738万円〜1858万円、クーペが700万円〜1086万円、カブリオレが735万円〜1141万円です。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事