【新車】レクサスGS、IS、CT、LX、RX、NXに国内販売台数50万台記念の特別仕様車「Black Sequence」を設定

2018年3月末時点で日本国内のレクサス販売台数が50万台を達成し、その記念モデルとしてGS、IS、CT、LX、RX、NXの6車種に特別仕様車「Black Sequence(ブラック・シークエンス)」が設定され、8月23日から発売されました。同時に、GS、IS、NXの3モデルが一部改良を受けています。

ここでは、GSの「Black Sequence」とGSの一部改良についてお届けします。特別仕様車の「Black Sequence」は6車種に共通のアイコンとして、各車種の内・外装にブラックの専用装備を採用。具体的にはスピンドルグリルやアルミホイール、シート表皮など、モデルごとに多様な装備で、精悍かつ力強いデザインが強調。

レクサス「Black Sequence」は、全グレードともに「I package」がベース。外観はスピンドルグリルとドアミラーがブラックでペイント。また、専用の235/45R18タイヤ&アルミホイールが装着され、アルミホイールには光沢のあるスパッタリング塗装が施されています。

内装もルーフとピラーがブラックにされたほか、本革シートに「サドルタン/トパーズブラウン」を用意。スポーティな外観、上品で落ち着いた内装のコントラストを強調。また、一部改良では、セキュリティ機能が強化されています。

レクサスGS「Black Sequence」の価格帯は6,277,000円〜7,935,000円。レクサスGSの価格帯は5,781,000円〜8,474,000円です。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事