【メルセデス・AMG C63試乗】超売れCクラスのAMGバージョン・C63/C63S。新型の変更箇所をチェック!

メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスブランドとして超高性能なロードカーをラインアップするAMGですが、1967年の設立当初はレーシングエンジンを開発するための設計/テストを行なうメーカーでした。

その後、AMGはモータースポーツ活動とロードカーのチューニングを行ない、その名は世界中に知れ渡ることになるのですが、当時のAMGは現在の関係とは違い、あくまでも「メルセデスベンツをベースに独自にチューニングを行なう独立系メーカー」の一つに過ぎませんでした。一連の活動のなか、1980年代後半にメルセデスベンツとの関係は深くなっていきました。

1990年にはAMGの製品が全世界のメルセデスベンツネットワークで販売されるようになり、1993年にはメルセデスベンツとの共同開発による初のコンプリートカー「C36 AMG」が登場しました。

そして「AMGがメルセデスに必要不可欠ブランド」という認識がより高まり、1999年に当時のダイムラークライスラーがAMG株の過半数を買収、更に2005年に出資比率を100%に引き上げ、完全にメルセデスベンツ傘下となりました。

その後、AMGはラインアップを大きく拡大し、今ではコンパクトハッチのAクラスからクロカンSUVのGクラスまでほとんどのモデルにラインアップされています。

さらにSLS AMGやAMG GTなどベースモデルを持たない独自のモデルも登場するなど、コンプリートカーブランドの域を超え、「小さな自動車メーカー」と言っても過言ではないでしょう。

そんなAMGの屋台骨を支える最量販車種は、Cクラスがベースのモデルです。古くはC43 AMG/C55AMGnと言ったコンパクトなボディに高出力の大排気量エンジンを搭載……といった、ある意味『チューニングの王道 』を経て、AMGが独自開発したV8-6.2Lエンジンを搭載した先代C63 AMGなどが有名ですが、その最新版となるのが4代目CクラスをベースにしたAMG C63/C63Sです。

そのAMG C63/C63Sが、2018年に初の改良が行なわれました。マイナーチェンジながらも6500箇所の改良が行なわれ「Cクラス史上、最も大規模なフェイスリフト」と話題となっているノーマルのCクラスに対して、C63シリーズは実にAMGらしいマニアックな変更が行なわれています。

エクステリアはAMG GT専用だった首位直ルーバーが特長の「AMGパナメリカーナグリル」とリアディフューザーの形状変更、インテリアは12.3インチの高精細な液晶メーターが組み込まれたデジタルコクピット、フラットボトム形状の新デザインのステアリング、そして従来モデルよりも横長のセンターモニターと先進性はアップされていますが、パッと見の印象は従来モデルとそれほど大きく変わりません。

V8-4.0L直噴ツインターボ(M178型)のエンジン自体に変更はありませんが、組み合わされるトランスミッション「AMGスピードシフトMCT」が7速から9速へと変更されています。さらに駆動系はC63Sのみの採用だった電子制御LSDはC63にも水平展開されています。

サスペンション周りは公式アナウンスされていませんが、新型では高い運動性能に加えて快適性を引き上げることがテーマで、ダンパー/スプリング/スタビライザーなどを全てが見直されているそうです。

ちなみに今回の変更のハイライトとなるのは、目に見えない『 制御系デバイス 』の更なる充実になります。エンジン/エキゾースト/トランスミッション/サスペンション/ステアリングなどの特性が変更できる「AMGダイナミックセレクト」は、コンフォート/スポーツ/スポーツ+/レース(C63Sのみ)に加えて「スリッピー」を追加されています。

加えて、電子制御LSDをスピード、ステアリング角、タイヤと路面の摩擦、ヨーレートなどのセンサーやドライバーのアクションに対して最適に作動(トルクベクタリングと安定制御)させ、高い安定性とコーナリングダイナミクス、最適なトラクションを実現させる「AMGダイナミクス」を採用。こちらはベーシック/アドバンス/プロ/マスターの4つから選択が可能です。

また、従来モデルから採用されている3モードのESPですが、AMG GT Rに採用される9段階調整のトラクションコントロールも追加されています。

このようにドライバーのスキルや好み、天候や走行環境に合わせて、まるでレーシングカーのセットアップのようにきめ細かな調整が可能になっています。つまり、この高性能を「誰でも」「いつでも」「どこでも」「安心して」発揮できる……と言うわけです。

すでに日本でも発表されていますが、発売は9月から順次となっています。筆者は一足お先にドイツで試乗を行なってきましたので、次回はそこでの印象をお届けしたいと思います。

(山本 シンヤ)

『メルセデス・ベンツ』の最新記事

【メルセデス・ベンツCクラス試乗】乗り心地の良さとトルクフルな走りが指名買いしたいツウ好みの選択肢「C 220 d」
【新車】確かな走破性とオンロードでも快適なオフロードサスペンション仕様の「GLA 220 4MATIC Off-Road Edition」が登場
【メルセデス・ベンツCLS試乗】分厚いトルク感とFRらしいハンドリングが味わえる「CLS 220 d スポーツ」
【メルセデス・ベンツCLS試乗】2人までの使用がメインでも急なゲストにも十分対応できる広さ
ついに登場した『ミラーレス』はトラックから! メルセデスの新型アクトロスが標準装備でやっちゃいました