【メルセデス・ベンツCクラス試乗】乗り心地の良さとトルクフルな走りが指名買いしたいツウ好みの選択肢「C 220 d」

新型Cクラスのセダンとステーションワゴンには、Eクラスにも搭載されている2.0L 直列4気筒ディーゼルターボを積む「C 220 d アバンギャルド」というグレードが設定されています。

試乗したのは「C 220 d ステーションワゴン アバンギャルド」で、車両本体価格は602万円。

なお、オプションのレーダーセーフティパッケージ(20万1000円)、レザーエクスクルーシブパッケージ(55万円)、「エメラルドグリーン」のメタリックペイント(9万1000円)、パノラミックスライディングルーフ(21万6000円)が加わると(以上税別)、707万8000円まで跳ね上がります。さらに、メンテナンスプラス(16万9560円)、保証プラス(10万8000円)まで足すと総額735万5560円。

「BlueTEC」の呼称が与えられるクリーンディーゼルエンジンは「OM654」型エンジン。コモンレール式燃料噴射システム、シリンダーブロックにアルミ、ピストンにスチームという熱膨張率の異なる素材の採用、メルセデス・ベンツの表面コーティング技術である「NANOSLIDE」を使うことで、摩擦抵抗の低減が図られています。

ほかにもsDPF(選択触媒還元法コーティング付粒子状物質除去フィルター)などにより、欧州で導入が予定されているというRED(実路走行試験)規制にも適合しているとしています。

試乗車は、エアサスペンションではなく、コイルサスペンションを装着。タイヤはコンチネンタルの「コンチスポーツコンタクト5」で、225/50R17サイズを装着。

セダンと比べるとボディの剛性感や操舵時の鋭い切れはやや見劣りするものの、新型Cクラスを4モデル試乗した中では、最も快適な乗り心地で非常に好感が持てました。

194ps/3800rpm、400Nm/1600-2800rpmというアウトプットを裏切らない低速域からの分厚いトルクは、とくにステーションワゴンとの相性がよく、勾配のきついワインディングでも気持ちよく走らせることができます。いざとなれば、気持ちよく飛ばせますし、ハンドリングもセダンほどの鋭さはなくても十分にスポーティ。

日本市場におけるCクラスは、ステーションワゴン人気も高いそうで、積載性という実用性はもちろんですが、「遠くまでゆったりと走らせられる」という印象も販売の後押しをしているような気がします。

(文/写真 塚田勝弘)

『メルセデス・ベンツ』の最新記事

【新車】確かな走破性とオンロードでも快適なオフロードサスペンション仕様の「GLA 220 4MATIC Off-Road Edition」が登場
【メルセデス・ベンツCLS試乗】分厚いトルク感とFRらしいハンドリングが味わえる「CLS 220 d スポーツ」
【メルセデス・ベンツCLS試乗】2人までの使用がメインでも急なゲストにも十分対応できる広さ
ついに登場した『ミラーレス』はトラックから! メルセデスの新型アクトロスが標準装備でやっちゃいました
メルセデスベンツ初の市販EV「EQC」前後席に座った印象はCステーションワゴン!? 日本発売は2020年か