【新車】ジャガー・XFが2019年モデルにスイッチ。300PSの新グレード「300 SPORT」を追加

ジャガー・XFの2019年モデルが2018年10月29日から受注を開始しています。2019年モデルでは新たなグレードが追加され、全17グレードに拡充されています。

装備では、「リモートプレミアム」、「InControlアプリ」、「プロテクト」「Wi-Fiホットスポット」などスマホ連携のコネクティビティ機能を全車に標準化することで、利便性を向上。

さらに、意図せず車線から逸脱しそうになると自動的にステアリングを制御して車線内に戻すドライバー支援システム「レーン・キープ・アシスト(LKA)」を全グレードに標準装備され、安全装備も強化されています。

新グレードの「300 SPORT」は、2.0Lの直列4気筒INGENIUM(インジニウム)ガソリンターボの最高出力を300PSにまで引き上げたパワートレインを搭載するスポーティなモデル。

外観はグリルサラウンドやサイドベント&シル、ミラーキャップなどをダークサテングレーで統一し、インテリアにはスタイリッシュなイエロー・コントラスト・ステッチを採用したほか、「300 SPORT」専用ロゴをトレッドプレートやステアリングホイール、ヘッドレストなどに配されています。

また、これまで「PRESTIGE」グレードのみだった「XF SPORTBRAKE(スポーツブレイク)」には、新たに「R-SPORT」を追加。2.0L直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンは、4WDも選択できるようになっています。

ボディカラーは、ナルヴィックブラック、フジホワイト、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、コリスグレー、インダスシルバー、フィレンツェレッド、ロワールブルー、シージアムブルー、ロゼッロレッド、カルパチアングレー、シリコンシルバーの全12色。なお、「XF 300 SPORT」は、ユーロンホワイト、インダスシルバー、サントリーニブラックの3色展開となっています。

2.0Lの直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン仕様は全9グレード(セダン、スポーツブレイク含む)で、価格帯はセダンが6,140,000円〜9,080,000円。3.0LのV型6気筒ガソリンエンジン搭載モデルは「XF S 3.0L P380」の1機種で、11,560,000円。2.0Lの直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン仕様は7グレードで、6,240,000円〜7,840,000円です。

(塚田勝弘)

『ジャガー・ランドローバー』の最新記事

【新車】ジャガーXEが2019年モデルの受注がスタート。限定グレードと新グレードを追加設定
プロゴルファーとラウンドできる「JAGUAR LAND ROVER GOLF DREAM DAYS 2018」を12月15日・16日に宮崎で開催。参加費は25万円

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事