【新車】新型レクサス・RCは走行性能をさらに向上。LC譲りのハンドリングを目指す

レクサスRCがマイナーチェンジを受け、10月31日から発売されました。内・外装のデザインのみならず、走りの面でも最上級クーペ・LC譲りのハンドリングを目指したとしています。

メニューは多岐にわたっていて、空力性能やサスペンションの改良、徹底的な走りこみに基づくパワートレーンのチューニングなど、細部までこだわり抜いて走りが磨かれています。フラットかつ滑らかな乗り味と、LC譲りの運転操作に忠実なハンドリングを味わえる優れた運動性能を実現できたそうです。

具体的には、サイドウインドウモールのフィン形状化、リヤバンパーへのダクト追加によりホイールハウス内の圧力変動を軽減するなど、空力性能にこだわり、優れた操縦安定性を実現。さらに、19インチホイール装着車にグリップ性能が高められたタイヤが新採用され、優れた操縦性と安定性も両立。

フロントがダブルウイッシュボーン (スタビライザー付)、リヤがマルチリンク(スタビライザー付)となるサスペンションは、ストローク速度が極めて低い状態から十分な減衰力を発揮するという改良型ショックアブソーバーや高剛性ブッシュが採用されています。

走行テストを重ねて細部に至るまでチューニングを施すことで、フラットな車両姿勢と高い運動性能を両立。さらに、2.0Lターボエンジンのアクセル操作に対するレスポンスが向上された、よりダイレクトな加速フィーリングを実現したとしています。

レクサスRCの価格帯は、3.5L V型6気筒を積む「RC350」が6,360,000円〜7,070.000円。2.5L 直列4気筒の「RC300h」は6,000,000円〜6,520,000円。2.0L 直列4気筒ターボを搭載する「RC300」が5,560,000円〜6,080,000円です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【新車】レクサスRCがマイナーチェンジ。最上級クーペのLCを想起させるデザインに刷新
https://clicccar.com/2018/11/01/646897/

『LEXUS』の最新記事

【デトロイトモーターショー2019】新型レクサス・RC F登場。“Performance package”はマフラーを見ると「オーナーの本気度」がわかる?
【デトロイトモーターショー2019】果たして市販化は? レクサスLCのオープンモデル「LC Convertible concept」
【新車】レクサスRCがマイナーチェンジ。最上級クーペのLCを想起させるデザインに刷新

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事