【ベントレー・ベンテイガ試乗】走るだけで他車を威圧するような圧倒的存在感のなかに纏う「上品さ」

イギリスで生まれたベントレーは誕生後すぐに高級車としての名声を獲得。その歴史は現在にまで至るモデルです。初期は独立系メーカーでしたが、その後ロールス・ロイスが買収、ロールス・ロイス倒産後はフォルクスワーゲン参加に収まり、現在に至っています。

そんなベントレーも世界総SUV化の波から外れることができず、波にもまれながらSUVを登場させました。それが「ベンティガ」という今回試乗したモデルです。ベンテイガという言葉は造語で、ロケベンテイガという山やタイガという森を組み合わせた言葉となっています。

ボディサイズは、全長が5150mm、全幅が1995mm、全高が1755mmとかなりのビッグサイズ。1995mmの全幅はミラーを含まないもので、ミラーまで含むとじつに2224mmとビッグを通り越して、巨大と行ってもいいサイズです。

試乗は都内で行いました。と言っても比較的広いを選んでの移動です。本当は狭い道へもチャレンジして、その使い勝手をチェックすべきなのでしょうが、約2000万円のクルマでそのチャレンジをする勇気は私にはありませんでした。

都内では片側3車線の道路と言っても、路肩には駐車車両も多く、一番左を走るのはかなりストレスです。試乗車は左ハンドルだったので、右折に備えて右車線を走るのはさらに気を遣います。

しかし、圧倒的な存在感がモノを言うのでしょう。近づいてくるクルマはかなり少ないのです。こっちがぶつけるのもイヤですが、あっちだってぶつけたくないタイプのクルマです。

日本のビッグミニバンも後ろから迫るとかなりの威圧感を持っているクルマですが、ベンテイガはその比ではありません。ただ、その迫力に上品さが漂うのが不思議なところ。オラオラ系ではなく、「なんだか凄く高そうな服を着ている人だからちょっと近づきがたい」というタイプの存在感です。

(文/写真・諸星陽一)

『ベントレー』の最新記事

【ベントレー・ベンテイガ試乗】さすがベントレーはドライバーズカーだと感じさせる乗り味。超快適な後席も印象的
【ベントレーの車検代はいくらかかる? 第3話】「ベントレーの車検は3ケタ万円」のウソ! ホント?
【実録:ベントレーの車検代はいくらかかる? 第2話】「老婆」たちの言葉と、見つけた自分の答え
【実録:ベントレーの車検代はいくらかかる? 第1話】「ピーコックブルー」のコンチネンタルR