【ベントレー・ベンテイガ試乗】さすがベントレーはドライバーズカーだと感じさせる乗り味。超快適な後席も印象的

ベントレー初のSUVであるベンテイガはじつはとても乗りやすいモデルでした。もちろん、そのボディサイズを除けばという条件が付きますが……。

ベンテイガV8に搭載されるエンジンは、4リットルのターボで、最高出力は550馬力、最大トルクは770Nmにも上ります。組み合わされるミッションは8速のATで、アクセルひと踏みで怒濤の加速を披露します。

驚くべきはそのスムーズさで、ためしにアクセルを床まで踏み込んでみたところ、レッドゾーンの始まる6800回転まであっという間に、そしてまったくストレスなく回り切ります。

5mオーバーの全長、約2mの全幅、そして1775mmと高い全高を持つクルマとしてはかなりしっかりしたハンドリングです。ステアリングを切り込んだ際にはタイヤが瞬時に反応し、クルマが動きます。大きく、車高が高いクルマはハンドリングを敏感にすると不安感が起きるものですが、そうしたことが起きずに挙動が安定したままシャープさを持っているのはさすがな味付けです。

今回は後席に乗って移動する機会も得ました。この後席はバツグンに快適なものでした。

SUVはラゲッジルームの拡大性を重視するため、後席はクッション、背もたれともに平板な形状としていることが多いのですが、ベンテイガではそうした形状とはせずにしっかりとサイドサポートが得られる形状を採用しています。

そのため、ラゲッジルームを拡大するために背もたれを前倒しにしても、フラットにはならないという面もありますが、後席に乗っても左右に振られることがなく、快適な乗り心地が得られます。2000万円のSUVですから、荷物より乗員を重視するのはあたり前です。いや、最近のSUVはセダン的要素が増えているので、こうした後席を持つクルマが増えてもいいのではないでしょうか。

(文/写真・諸星陽一)

【関連ページ】

【ベントレー・ベンテイガ試乗】走るだけで他車を威圧するような圧倒的存在感のなかに纏う「上品さ」
https://clicccar.com/2018/11/01/645220/

『ベントレー』の最新記事

【ベントレー・ベンテイガ試乗】走るだけで他車を威圧するような圧倒的存在感のなかに纏う「上品さ」
【ベントレーの車検代はいくらかかる? 第3話】「ベントレーの車検は3ケタ万円」のウソ! ホント?
【実録:ベントレーの車検代はいくらかかる? 第2話】「老婆」たちの言葉と、見つけた自分の答え
【実録:ベントレーの車検代はいくらかかる? 第1話】「ピーコックブルー」のコンチネンタルR